ユーザーが自分の責任で利用

6-09

アイフォンとは対照的に、ドコモ、au、ツールバンクなどの各携帯キャリアからすべての機種が販売されます。デザインやメモリ容量のバリエーションが豊富なうえ、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信といいました携帯電話独自の機能を備えた機種や、テンキー・防水・高速通信機能の付いた機種もあって、ユーザーがぼくの好みに合わせて選ぶことが可能。

アップルのつらい基準で管理されてるiPhoneアプリと対すると、ユーザーが自分の責任で利用する部分が一杯と言えるのでしょう。アンドロイドスマホは、グーグルが提供する無償の携帯用OS「アンドロイド」を搭載したスマホの総称です。

さらに、ユーザー側でメモリを増設しましたり、バッテリー交換を行うことも簡単です。アンドロイドアプリは、先行のiPhoneアプリと対すると、量・質ともに若干の遅れをとってるものの、近頃はAndroidアプリの増加も著しく、殊更セキュリティ・アプリなどスマホの実用機能を強化するアプリは充実してきているのです。

Androidのアプリは、Google運営の「GooglePlayStore」で入手する以外にもすべてのアプリサイトがあり、審査にみようかなものはほぼないので、品質・安全性にばらつきが大量点は否めません。